広島市立広島特別支援学校

中国インテリアプランナー協会と日本インテリア学会中国・四国支部との共同主催で新しく開校した広島市立広島特別支援学校の見学会に参加した。最初に校長先生からガイダンスがあり現在職員数273名学生数340名で子供達が主体的に動け安心でき、普通教室棟、管理特別教室棟、体育館、屋内プール、サポートセンター、天然芝グランド、農園等からなり設備等も充実しているそうです。普通教室は72室、教室の広さも普通教室は49m2に6-7名の知的障害の学生が学び、建物の主なスパンは7m×7mで構成され、最初にいただいた平面図を見た時規模の大きさににビックリ。特にサイン(ピクト)はわかりやすく目線と腰当たりの二カ所あり素材も窓、手すり、腰パネル等も木製のものを使用し、色による識別等も解りやすく配置されている。社会参加に向けて自分の力で自立できることを目標に日本一の特別支援学校を目指しているそうです。
b0071291_1736316.jpg

b0071291_17364963.jpg

b0071291_1737454.jpg

b0071291_17374539.jpg

b0071291_17375419.jpg

b0071291_1738355.jpg

b0071291_173817100.jpg

b0071291_17383668.jpg

b0071291_1739244.jpg

b0071291_17391947.jpg

[PR]
by cipa21 | 2013-02-25 17:40 | セミナー/ 講演会
<< 東京デザインセンターSprin... JIPA2012全国大会in北海道 >>